読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄道模型ジオラマ完成品や中古Nゲージのブログ

鉄道模型ジオラマ完成品や中古Nゲージ。素材、キット初心者楽しみ方、通販、模型店情報満載 新宿、町田、模型店の紹介や、おすすめレンタルレイアウトを紹介。簡単なジオラマキットや、 プロが作る鉄道レイアウト、鉄道模型ジオラマ半完成品など盛りだくさん。

レンタルレイアウト運営

レンタルレイアウトがなかなか集客ができず、

閉店していくのが増えていますね。

相模原にあったタムタムもレンタルレイアウトは無くなりました。

板橋にもいいお店あったんですが、無くなりましたね。

 

やはりレンタルレイアウトの経営は難しいのでしょうか?

 

まずですね、そのお店自体どうなのかは細かくはわかりませんが、

お客が来ていれば簡単には潰れないと思います。

 

そして、そのお客さんが買い物をしてくれればの話ですが、

レンタル料金だけではどうしても厳しいと思いますね。

10車線あっても、フル稼働って事はなかなか無いと思います。

 

それに数百円ですから、あまり売り上げというよりはお小遣いですね。

高いところは1車線で1000円とかとります。

ですが、1000円です。

普通に働いた方がいいですね。

 

となると、やれる事ってまだまだあるんですよね。

それをやっても無いのに、お客がたくさん来るっておもって

なにもしてなかったお店が潰れたんじゃ無いかなと。

 

好きだけでは成り立たないのがビジネスですよね。

やはり、経営とは、先を見て、事前に動く、常に先を見ている事が

必須ですね。

 

お客のニーズと世の中の変化。

いろいろなやり方で引き出す方法はあります。

ある程度書きましが、ネットで集客をするなら

やり方はいろいろあります。

 

ネットとリアルを融合する必要がありますね。

地域のチラシもひとつだと思います。

子供を呼ぶか、呼ばないかでもスタイルは違いますので、

まずはターゲットも重要です。

 

子供が来る場合は壊れたときや、うるさいとクレームがあがる場合を

想定しておかなければなりません。

親がお金あればバシバシ買ってくれる場合がありますが、

壊れたから新品と交換してほしいとか、意味のわからないことをいう、

モンスターカスタマーもいますので、要注意ですね。

 

修理や、何が出来るのか?何がいくらなのかの目安を書いておくといいですね。

少し高めに書いておいて、請求は安くしてあげればトラブルも少ないと思います

メニューがあると、これぐらいかかるから、次頼もうって考えてくれれば、

リピーターになりますね。

お店に来る理由を作ることが出来ます。

 

すぐではなくても、頭の片隅にでもあれば、模型で困ったことがあれば

相談にくると思いますね。

細かいことですが、ちょっとちょっとの積み重ねですね。

 

運営するのは簡単ではありませんが、

ちゃんとやればちゃんと結果はついてくるはずです。

興味ある方はチャレンジしてくださいね。

 

レンタルレイアウトコミュニテイ編

レンタルレイアウトで接客について先ほど書きました。

 

そして、来た方を再度来てもらうためには、いろいろと工夫してみましょう。

例えば、運転会。

チラシを作って、運転会の日程を知らせることができます。

小田急線 2月2日

東急線  3月2日

九州エリア 4月2日

大阪環状線 5月2日

 

といった感じで、毎月のスケジュールをチラシとして配ったりします。

月1回なのか、何回やるかは、その時次第ですが、

年間12ヶ月あるなら、12路線が毎月できますね。

もしくは、毎週水曜日にと隔週日曜日とか、

 

来るきっかけ作りですね。

それに合わせて、車両を買いたいって思いますよね?

そういったイベントがあると、必ず、新しいものを買いたくなるんです。

そこで、チラシに、割引券をつけておくんです。

そうすると、開催日までに給料日と計算して、買うかどうかが

頭の中にいっぱいになります。

さらに、割引券となると、使いたくなるわけです。

 

その日限定でもいいし、その日まででもいいし、

もしくは、ずっと使える形でもいいです。

でも、限定に弱い消費者の場合は、その期日までなら使えるし、

店舗で購入も可能だったら、間違いなくお金を持ってきます。

貸切の代金だけでなく、電車も購入してくれたら売り上げは倍増しますね。

そして、部品なども同時に売れます。

 

お店側から、用意する車両はあるだけいいですが、

例えば、なかなか売ってない車両をお店の方で用意しておくとか。

あくまで、デモンストレーションですが、走らせるとお客様も喜びますね。

その日だけは無料貸し出しもいいと思います。

壊したら弁償ですが。ここはきっちり。

 

そうこうしているうちに、仲間ができて楽しくなりますね。

お客同時が仲良くなればとてもいいことだと思います。

普通の販売店ではありえない光景ですね。

 

そして、張り紙をたくさんしておきます。

トイレにも。

 

このお店のお客様は仲が良く大変助かっております。

今後ともよろしくお願いします。(店主)

 

こんな感じで書いておけば、仲良くなるのが当たり前になります。

これを、

 

このお店では仲良くしてください。

今後ともよろしくお願いします。(店主)

 

ですと、仲良くなりません。

すでに仲が良いって書いてあれば、そのイメージが浮かぶので

そうなります。

これ結構重要です。

 

子供に、「こぼさないで!」っていうと、こぼします。

これは、こぼすイメージができてしまうからです。

では、どういうと効果的でしょうか?

 

「しっかり持ってね。」

というと、しっかり持ちます。

しっかり持つイメージが出来上がるのです。

 

なので、張り紙を書いておけば、おのずと良いコミュニテイができてきます。

また、別のお店のイベント情報も掲示板を使って置いておくとか。

これは、相手の会社によりますが、お互いのお客を取り合うことになると

やっかいですが、掲示板に張り紙ってことでやるは相談してよければいいと思います。

 

基本レンタルレイアウトのお客さんって週末がほとんどです。

ですが、平日しか来れない人もいるんです。

そういった方は確実に仕事しているわけで、

ある程度お金も使えます。

そこで、走らせている車両について話したり、

持っていない車両を走らせてあげたりすると、

このお店ちょっと違うってなりますね。

 

例えば、小田急線走らせていたら、

ロマンスカーを走らせたり、千代田線をはしらせたり、

そうすることで、より楽しめますよね。

もちろんお客さんが嫌がるならやらなくていいですが、

一言、これ走らせましょうか?

これだけです。

この一言で、自分の車両がより引き立つわけで。

テーマが沿っていれば苦にならないと思います。

 

高い車両を走らせたら嫌味になりますが、

テーマを合わせればいいと思います。

また、来店してくれるきっかけにもなりますし、

あ〜それ欲しいなあってお財布と相談してくれます。

すぐはなくてもそのうち買うかもしれませんね。

 

f:id:tetsuhobi:20160225103643j:plain